Les Pendus / 絞首刑

閲覧件数 233 件(当ウェブサイト上での)

吊るされた男たちは、明らかに声を大にして質問することを拒否する不信心者です。彼らは、すでに知られていることや書かれていることに、自分自身を委ねることができません。彼らは知識に対する自分の渇きを癒すために研究に投資しています。誰も彼らの努力を認めてくれません。多くの場合、彼らは好奇心のために命を捧げなければなりません。ワロニア王立室内管弦楽団の音楽家たちが、ヤン・クイケンの作曲した作品をステージに上げた。オーケストラと俳優、歌手、そして声と録音の相互作用から緊張感が生まれる音楽物語。2人の俳優と3人の歌手が音楽家の上に吊るされている。Josse De Pauwは彼らのために朗読パートと歌唱パートを書きました。このショーは、自分たちの信念のために、絞首刑になったり、殉教したり、焼かれたり、監禁されたりしたこれらの思慮深い先見の明のある人たちに敬意を表し、その答えを問いかけようとしています。”私が考えたら絞首刑になるのだろうか?”

CONCEPTION

Josse De Pauw & Jan Kuijken

LUMIÈRE

Enrico Bagnoli

COSTUMES

Greta Goiris

ACTEURS

Han Kerckhoffs & Christel Domen

CHANTEURS

Silbersee (ex vocaallab): Janneke Daalderop (soprano), Ekaterina Levental (mezzo soprano), Steven van Gils (tenor), Lidewei Loot (voix d’enfant)

MUSIQUE

Orchestre Royal de Chambre de Wallonie

Edith Baugnies, Roman Borkovski, Manuel Camacho, Jean-François Chamberlan, Kela Canka, Pascal Crismer, Charlotte Danhier, Alain Denis, Persida Dharda,  Red Gjeci, Jean-Frederic Molard, Pascal Schmidt, Isabelle Scoubeau, Marie-Carmen Suarez, Michael Scorieels, Marc Tillema, Hans Vandaele, Christian Vanderborgt) & Jan Kuijken

DIRECTION MUSICALE

Etienne Siebens

VIOLONCELLE

Jan Kuijken

PRODUCTION LOD

muziektheater

COPRODUCTION KVS

Théâtre National Bruxelles, Grand Théâtre de Luxembourg, Le Maillon Strasbourg, Orchestre Royal de Chambre de Wallonie, KunstFestSpiele Herrenhausen (Hannover) et Silbersee