管弦楽団は、ベルギーをはじめとした権威ある国際舞台で、すばらしい芸術家たちと長きにわたり協演してきた。

  • ジョゼ・ヴァン・ダム(José Van Dam)、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Mstislav Rostropovitch)、アルド・チッコリーニ(Aldo Ciccolini)、ミッシャ・マイスキー(Mischa Maïski)、モーリス・アンドレ(Maurice André)、アルテュール・グリュミオー(Arthur Grumiaux)、フィリップ・ヒルシュホルン(Philippe Hirshhorn)、ジョルジュ・オクトール(Georges Octors)、ジャン=ピエール・ヴァレーズ(Jean-Pierre Wallez)、グイド・クレマー(Guido Kremer)、ルイ・ロルティ(Louis Lortie)、ジャン・ワン(Jian Wang)、イヴリー・ギトリス(Ivry Gitlis)、アントワン・タメスティ(Antoine Tamestit)、アンリ・ドマルケット(Henri Demarquette)、リシャール・ガリアーノ(Richard Galliano)、モディリアーニ弦楽四重奏団(le Quatuor Modigliani)、ジャン=フィリップ・コラール(Jean-Philippe Collard)、ジェラール・コセ(Gérard Caussé)、ルノー&ゴーティエ・カピュソン(Renaud et Gauthier Capuçon)、オーギュスタン・デュメイ(Augustin Dumay)、マリア・ジョアン・ピリス(Maria João Pires)などの芸術家。
  • パリ、北京、アブダビ、アムステルダム、ロッテルダム、ブカレスト、バイロイト、ミュンヘン、ルクセンブルク、チューリッヒ、ジュネーブ、サンクトペテルブルク、ブリュッセルなどの都市。

音楽監督兼首席指揮者として 迎え入れられたオーギュスタン・デュメ(Augustin Dumay)が、2003年から2013年まで精力的に活動した。

2014年からはフランク・ブラレイ(Frank Braley)がそのあとを継ぎ、情熱的にオーケストラの歴史を書き換えている。

ヴァイオリン指揮者のジャン=フランソワ・シャンベルラン(Jean-François Chamberlan)と共にベルギーで長きにわたり演奏公演を行った。

また、エリザベート王妃国際音楽コンクール(Concours Musical International Reine Elisabeth)とパートナーシップを結び、エリザベート王妃音楽チャペル、ボザール、フラジオレットおよび数々の音楽フェスティバルに長きわたり参加した。

若い芸術家たちを輩出し、子供たちのための公演制作およびオペラ、ミュージカルに参加したり、時にはジャズ、ロックをはじめとした世界中の音楽グループとも公演する。

一方で、オーケストラの本拠地であり、2015年に欧州文化首都に指定されたモンス(Mons)では、優秀な国際芸術家と多様で独創的なレパートリーで構成された年間プログラムを披露した。