ようこそ L'Orchestre Royal de Chambre de Wallonie

スクロール

私たちの歴史の一部

1958年、ローラ・ボベスコ(Lola Bobesco)は「ブリュッセルのソロリストたち(Les Solistes de Bruxelles)」を結成した。その後、この合奏団は「ウジェーヌ・イザイ弦楽アンサンブル(Ensemble d' archets Eugène Ysaÿe)」という名称で活動した後、現在はワロニー王立室内管弦楽団(O.R.C.W.)と呼ばれている。ベルギーをはじめとした権威ある国際舞台で、すばらしい芸術家たちと長きにわたり協演してきた。 音楽監督兼首席指揮者として迎え入れられたオーギュスタン・デュメイ(Augustin Dumay)が、2003年から2013年まで精力的に活動した。 2014年からはフランク・ブラレイ(Frank Braley)がそのあとを継ぎ、情熱的にオーケストラの歴史を書き換えている。
メインサイトでもっと読む